読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独学大学情報学部

主にScala、たまにHaskell、稀に数学

最短でつぶやくぷろぐらむ(

Scala Twitter sbt

「今世紀最高傑作」とか「ぼくのかんがえたさいきょうの...」並に信用ならんタイトルです。 勢いとキャッチコピーは大切だと思いますぼくぁ(

準備

twitter4jとsbt使います。
Twitter Developersにアクセスして、Consumer key, Consumer secret, あとアクセストークン生成してAccess token, Access token secretをコピってきます。

手順

てけとーにディレクトリ作って、その中にbuild.sbtファイルを以下の内容で作ります。

name := "Quick Post Program"

version := "1.0"

scala := "2.9.2"

libraryDependencies += "org.twitter4j" % "twitter4j-core" % "2.2.6"

で、その後に

sbt update

とかやるとtwitter4jのjarを勝手に落としてきてパス通してくれたりします。 あとはsrc/main/scala/QuickPost.scalaってファイルにて

package main.scala

import twitter4j.conf.ConfigurationBuilder
import twitter4j.TwitterFactory

object QuickPost {
  val CONSUMER_KEY = "Consumer key"
  val CONSUMER_SECRET = "Consumer secret"
  val ACCESS_TOKEN = "Access token"
  val ACCESS_TOKEN_SECRET = "Access token secret"

  def main(args: Array[String]) {
    val builder = new ConfigurationBuilder
    builder.setOAuthConsumerKey(CONSUMER_KEY)
    builder.setOAuthConsumerSecret(CONSUMER_SECRET)
    builder.setOAuthAccessToken(ACCESS_TOKEN)
    builder.setOAuthAccessTokenSecret(ACCESS_TOKEN_SECRET)

    val twitter = new TwitterFactory(builder.build).getInstance

    twitter.updateStatus("Hello, Azusa!")
  }
}

んでもって

sbt run

で完了っと。

まとめ

自分で使うだけならこれでいいと思います。(今更感